ホーム > 仕事 > 帰化申請 韓国

帰化申請 韓国

帰化申請について、伊丹万作の著作権切れの文章をベースに考えて見ましょう。
帰化申請について、彼は何も語ってはいませんが、映画製作者ならではの深い文章が、
国籍を考える上でも、帰化申請の動機を考える上でも、とても役に立つのです。。
 なぜならば、私には映画産業の最も健康な発展形式は自由競争をほかにしては考えられないからである。
 そしてこの一条は私にとって金科玉条であり、いやしくも映画産業に関する私の考え方はことごとく右の定理の上に築かれ発展しているものと認めてもらって何らさしつかえはない。
 したがってこの意味からいえば映画の産業統制といい、また映画産業ブロック化の傾向といい、前者は画一主義を予想させる点において、後者は限られた資本系統の独占からくる無数の弊害を伴うであろう危険性においてともに私の最もむしの好かぬ現象である。たとえば映画統制の手始めとして着手された日本映画協会は創立されてもう一年近くにもなるが、いまだかつて同協会が人道的な意味から四社連盟の存在を検討したという話を聞かない。それどころかむしろ彼らの間では話題にさえのぼったことはないであろう。なぜならば四社連盟の張本人たちがことごとく協会の主要な椅子を占めているのだから。
帰化申請について、引き続き、万作の文章を読み進めながら思索しましょう。
帰化申請の必要書類や帰化申請の条件についても併せ考えましょう。
 この一事をもってしても我々は日本映画協会などというものから文化的には何らの意味も期待できないことがわかる。ただこのうえはさいわいにして彼らが無能であってこれ以上映画界に害毒を流すことさえなければまことに見つけものだと思ってそれだけで十分消極的に喜んでしかるべきであろうと思う。話が少し横にそれたようだ。
 さて、すでに根本において自由競争を最も合理的な発展形式と認める以上、よき技術者の争奪は避くべからざる現象であって別に大騒ぎをするには当らない問題であると私は考える。もっとも会社側からいえば、それでは不安でしようがないというかもしれぬが、そんな不安を除去する方法はいくらでもあるように私には考えられる。
 たとえば自分の社の従業員は、常にほんのわずかでも、他の会社よりはよい条件のもとにおいてあるという自信があれば、そんな不安はほとんど解消してしまうに違いない。
 なるべく悪い条件で使いたい、しかしよそへはやりたくないというのが今の会社側の考え方である。そんなむしのよい話が世間に通用するものかどうか私は知らない。
帰化申請を考えるにあたり、以上の万作の文章は参考になりましたか?
著作権切れとは言え、さすがは伊丹。帰化申請についても大きな参考となりますね!

タグ :

関連記事

在留資格認定証明書不交付通知書のなぞ
とうとう、在留資格認定証明書不交付通知書が来てしまいました。なんというか、受験の...
入国管理局 埼玉
入国管理局 埼玉の係官って公務員なんですか? 僕の友人のマレーシア人の家族が入国...
帰化申請 韓国
帰化申請について、伊丹万作の著作権切れの文章をベースに考えて見ましょう。帰化申請...
創業融資
創業融資を受けたいと考えています。創業融資というのは、日本政策金融公庫などから創...
入国管理局
入国管理局について考えるとき、著作権切れとはいっても、次の三木清の文章が参考にな...
帰化申請
帰化申請を考えるとき、当然、永住権との比較で考えますよね。わたしの場合は、まだ永...