ホーム > 仕事 > 帰化申請

帰化申請

帰化申請を考えるとき、当然、永住権との比較で考えますよね。
わたしの場合は、まだ永住権の資格がないので、それこそ、永住と日本国籍の
取得で散々迷っている最中です。
帰化申請の良いところは、もうこれからずっと日本で住むことしか考えられず、
日本の選挙権をもらって、日本人と同等の社会保障制度に加入し、パスポートも
日本人のものをもらえるということでしょうか。
逆にデメリットとしては、もう簡単に母国の国籍へ戻ることはできないということ、
日本は世界でも稀な、二重国籍を認めない国ですので、日本の国籍を得るということは、母国の国籍を失うことを直接的に意味してしまいます。
一方、帰化申請との比較において、永住にも難点はもちろんあって、やはり永住者は外国人に過ぎませんから、一生を日本で過ごすと決めた人間にとっては、なんとも宙ぶらりん状態が続いて
しまうということです。


タグ :

関連記事

在留資格認定証明書不交付通知書のなぞ
とうとう、在留資格認定証明書不交付通知書が来てしまいました。なんというか、受験の...
入国管理局 埼玉
入国管理局 埼玉の係官って公務員なんですか? 僕の友人のマレーシア人の家族が入国...
帰化申請 韓国
帰化申請について、伊丹万作の著作権切れの文章をベースに考えて見ましょう。帰化申請...
創業融資
創業融資を受けたいと考えています。創業融資というのは、日本政策金融公庫などから創...
入国管理局
入国管理局について考えるとき、著作権切れとはいっても、次の三木清の文章が参考にな...
帰化申請
帰化申請を考えるとき、当然、永住権との比較で考えますよね。わたしの場合は、まだ永...